川崎汽船/中部電力碧南火力発電所向けの石炭輸送船が竣工

2018年11月15日 

川崎汽船は11月15日、今治造船の丸亀事業本部で10万トン型の石炭専用船「庄内丸」が竣工したと発表した。

<庄内丸>
庄内丸

庄内丸はWAD(Weather Adapted Duct)によるプロペラ推進効率の向上や、低摩擦型ペイントの採用による燃費削減で温室効果ガスの排出を抑制、さらにはバラスト水処理装置による海洋生態系の保護など、最新鋭の環境配慮型システムが盛り込まれた幅広浅喫水船。

川崎汽船と今治造船が共同開発した、中部電力碧南火力発電所向けの輸送数量を最大化した「碧南マックス」船型で、今後はJERA Trading Pte. Ltd.との輸送契約に基づき、長期にわたって海外炭の輸送に従事する。

■庄内丸の要目
全長:249.99m
型幅:43.00m
型深:18.70m
満載喫水:12.994m
載貨重量トン数:10万1847MT
総トン数:5万7842T
純トン数:3万1523T
ホールド/ハッチ数:6/6

最新ニュース

物流用語集