プロロジス/京都府京田辺市に16.1万m2の物流施設竣工

2018年11月15日 

プロロジスは11月15日、京都府京田辺市にプロロジスとしては京都府初の開発プロジェクトで、初めて土地の造成から開発を手掛けたマルチテナント物流施設「プロロジスパーク京田辺」を竣工したと発表した。

<プロロジスパーク京田辺>
プロロジスパーク京田辺

<位置図>
位置図

プロロジスパーク京田辺は、新名神高速道路八幡京田辺JCT・ICと第2京阪道路京田辺松井ICより約300mと至近で、東西および南北の交通の結節点に位置する物流最適地に開発。

各方面へのアクセスでは、京都・大阪中心部方面は、京阪間を縦断する第2京阪道路により、約30分で到達可能。奈良・和歌山方面へは、新名神高速道路八幡京田辺JCT・IC、城陽JCT・IC間の開通により、京奈和自動車道路を利用。

北陸、日本海側方面へは、京都縦貫自動車道と北陸自動車道経由となる。将来的に新名神高速道路が全面開通した暁には、中国地方から中部地方を結ぶ中間地点となる。

プロロジスパーク京田辺は国内物流の大動脈である複数の幹線道路へのアクセスに優れ、西日本全域の広域配送拠点として期待できる立地。大阪・京都中心部の中間に位置し、大阪東部の枚方、交野、寝屋川地区と一体のマーケットとして、関西の主要消費地への迅速な配送にも利便性が高い。

開発地周辺には広範囲に住宅街が広がり、徒歩5分圏内の人口が非常に多く、豊富な労働力に恵まれている。また、JR学研都市線(片町線)「松井山手」駅から徒歩10分と通勤利便性が高く、昨今、入居企業にとって課題となっている労働力の確保にも有利な立地だ。

施設概要では、約7万m2の敷地に地上6階建、延床面積約16万m2のマルチテナント型物流施設。上りと下りそれぞれのランプウェイを備えており、最大45フィートコンテナトレーラーが各階のトラックバースに直接アクセス可能。

ワンフロアは最大約2万1800m2のスペースを確保し、最小区画約4200m2から利用可能。

アメニティ面では、働く人々が快適に過ごせるように、カフェテリアやコンビニ、エアシャワー付き加熱式喫煙スペース、パウダーコーナーや着替え用ブースなどの機能を充実させたアメニティ化粧室、ドライバー用シャワールームを完備し、多様化する入居カスタマーのニーズに対応している。

プロロジスのマルチテナント型施設初の取り組みとして、倉庫床下の断熱仕様を向上させ、壁を断熱パネルに変更した冷蔵ニーズに対応したエリアを設置。一般的なマルチテナント型施設と異なり、入居時の冷凍・冷蔵対応工事を軽減可能な仕様とすることで、入居企業のイニシャルコスト削減と工期短縮に寄与した。

施設運営の効率化、管理費削減への取り組みでは、トラックバースの入出庫車両情報をタイムリーに把握できる「スマートバースシステム」や、スマートフォンを活用しカスタマーの従業員の入退館管理を可能にする「入退館受付システム」を導入。また、外構植栽の維持管理には芝刈りロボットを活用する。

BCP(事業継続性)対応では、プロロジスの標準仕様である緊急地震速報システムや衛星電話の導入に加え、停電時でも機能の一部を維持するための非常用発電機を設置すると共に、災害時にも一部のトイレは利用可能となるよう給水系統を設定している。

地域環境、地域貢献への取り組みでは、敷地内の自然竹林を整備・保全、路線バス用に敷地内スペースを提供し、安全に乗り降りできるバス停を整備、周囲の景観になじみやすいグリーン系を含んだ色の外壁パネル仕上材を採用。

これらの取り組みにより、CASBEE最高ランクのS認証を取得見込みだ。

■プロロジスパーク京田辺の概要
所在地:京都府京田辺市松井宮田1
敷地面積:6万9701.56m2
延床面積:16万1367.33m2
構造:地上6階建RC+S造
着工:2017年5月
竣工:2018年11月

最新ニュース

物流用語集