鈴与シンワート/物流事業の売上高3.0%減、営業利益25.5%減

2018年11月14日 

鈴与シンワートが11月14日に発表した物流事業の2019年3月期第2四半期業績は、売上高15億2000万円(前年同期比3.0%減)、営業利益1億2000万円(25.5%減)となった。

物流事業のうち、倉庫事業は東扇島冷蔵倉庫の賃借人変更に伴う賃料の減少などで減収減益となった。

港運事業は、建材埠頭での既存荷主の取扱増に加え、新規荷主獲得もあり増収増益となった。

陸運事業では、売上面でセメントの売上減を、自社車両の新規投入や東海地区への小麦配送などの増加がカバー。また、利益面では有料道路代荷主負担が認められたことなど料金改善を進めた結果、僅かながら増収増益となった。

最新ニュース

物流用語集