ターキッシュエアラインズ/ターキッシュ カーゴ、9か月間で25%増の貨物量

2018年11月14日 

ターキッシュエアラインズは11月14日、2018年の9か月間での主要事業利益は、燃料費の値上がりに見舞われながらも、需要およびユニットレベニュー(座席キロ当たりの収入単価)の増加に支えられ、11億4900万ドルに達したと発表した。

旅客と貨物の収益が大きく増加したことで、 ターキッシュ エアラインズの第3四半期総収益はおよそ40億ドルに達した。 こうした顕著な実績を受け、年初来9か月間の売上収益は前年同期比20%増の99億ドルに上った。

貨物については、運搬貨物量、新規就航都市数、貨物機導入数において世界でも最速の成長を遂げている貨物航空会社ターキッシュ カーゴが、ターキッシュ エアラインズと同等の上質なサービスを世界122か国の顧客へ継続して提供し、世界の航空貨物市場でのシェア拡大を続けている。

2018年の9か月間で好調な業績を収め、前年同期比25%増の100万トンを超える貨物を輸送し、貨物収益は29%増の12億ドルに達した。ターキッシュ カーゴは世界最大の航空貨物会社に挙げられることを目指し、運航していくとしている。

最新ニュース

物流用語集