経団連/「Society5.0」で物流には一層の多様化・高度化が必要

2018年11月14日 

日本経済団体連合会は11月13日、「Society 5.0-ともに創造する未来-」を発表し、その中で物流についても、一層の多様化・高度化が求められるとして、提言をまとめている。

<Society 5.0時代の物流>
Society 5.0時代の物流

それによると、物流は、いわば「経済の血流」として経済成長の実現に不可欠であり、企業の事業活動や人々の日常生活を支える社会インフラとして重要な役割を果たす。

特に Society 5.0 の時代においては、eコマースの急拡大やサプライチェーのグローバル化等が進展し、物流には一層の多様化・高度化が求められるため、先端技術を実装することで、物流のあり方を大きく変えていく。

例えば、RFID 等の IoT 技術の実装により、貨物や輸送機関をネットワークにつなげ、物流をリアルタイムで追跡・管理することを可能とする。また、関係する主体がプラットフォーム上で、調達・生産・輸送・販売の情報をリアルタイムに共有し、併せて、AI等を活用し需給等の予測を行うことによって、サプライチェーン全体の最適化・調整を図る。

また、プラットフォーム上で荷主の輸送ニーズと物流事業者のリソースをマッチングさせる仕組みを構築し、業種横断で効率化に向けた共同の取り組みを進める。

さらに、貿易に係る官民の各種手続きもプラットフォーム上で処理できるようにして、効率化を図る。自動走行やドローン、ロボットの活用によって代替可能な作業の多くを機械化し、人手を解放する。さらに、多様な顧客ニーズの発掘を進め、既存の物流事業の枠を越えて製品の補修・維持、組立・カスタマイズなど新たな価値を創造する物流を実現する。

これにより、都市部の膨大な物流量に対応するとともに、都市周辺部、中山間地や遠隔地にも効率的で迅速なサービスを提供する、としている。

<Society 5.0とは>
Society 5.0とは

なお、「Society 5.0」とは、創造社会であり、「デジタル革新と多様な人々の想像・創造力の融合によって、社会の課題を解決し、価値を創造する社会」である、と定義している。

最新ニュース

物流用語集