東名高速守山スマートIC/利用台数が累計100万台、輸送効率向上

2018年11月14日 

中日本高速道路(NEXCO中日本)は11月14日、2018年3月24日に開通した東名高速道路(東名)守山スマートICでの、開通後6か月の利用状況と整備効果について発表した。

<守山スマートICの路線図>
守山スマートICの路線図

<位置図>
位置図

<東名高速道路へのアクセス利便性の向上(速達性の向上)>
東名高速道路へのアクセス利便性の向上(速達性の向上)

それによると、利用状況では、開通後約6か月間の平均利用台数は、約5700台/日。月ごとの利用台数は、概ね増加傾向(4月平均 約4700台/日→9月平均 約6500台/日)となった。さらに、利用台数は累計100万台を突破(9月末累計 約108万台)した。

整備効果では、東名の最寄りICへのアクセス時間の短縮により速達性が向上し、輸送効率の向上など、地域企業の生産性向上に寄与(テクノヒル名古屋(企業団地)では、約7分~12分の短縮)した。

また、東名へのアクセス利便性の向上により、高速道路の利用ICが分散化し、主要渋滞区間(国道19号・302号等)を主なアクセス経路とする春日井ICおよびC2 名古屋第二環状自動車道(名二環)のIC(松河戸・小幡・大森)の利用交通量が減少した。

さらに、名古屋市が、官民連携によりまちづくりを進めている守山区志段味地区において、東名のICへの10分圏域カバー率が5%から100%に拡大し、利便性の向上により、商業施設の集客や商圏の拡大など、地域の活性化に貢献したとしている。

最新ニュース

物流用語集