函館酸素/総合充填所竣工、ローリー・トラック基地を移転

2018年11月12日 

大陽日酸の子会社、函館酸素は11月9日、総合充填所と容器再検査所、容器貯蔵庫が竣工した。

<総合充填所の外観>
総合充填所の外観

2015年1月に函館市内高台に位置する臨空工業団地(同市鈴蘭丘町)に約1.7万m2の事業用地を取得し、ことし2月から工場建設工事を行なっていた。

同社の充填所は函館湾に面した本社構内に立地し、地震・津波により生産設備と物流機能が被害を受けた場合には、地域の医療・産業へ大きな影響を与えることが懸念されていた。

新充填所稼動と同時に、物流機能(ローリー・トラック基地)も同事業所に移転することから、津波など災害時の生産面・物流面でのリスクを低減する。

製品在庫量・原料備蓄量の大幅増(従来の2~3倍)、自動化設備・効率化設備の導入による生産性向上、効率的レイアウトによる作業性向上、最新設備への更新による保安・品質の向上なども実現した。

2020年度に函館空港まで延伸予定である函館新外環状道路の完成により、物流面での利便性も格段に向上することから、一層の安定供給体制強化・顧客サービス向上が期待できる。

■新総合充填所の概要
名称:函館酸素 臨空事業所
住所:函館市鈴蘭丘町3-128
敷地面積:17,092m2
建築面積:1,872m2
生産品目:医療用ガス(酸素)
産業用ガス(酸素・窒素・アルゴン・炭酸・混合ガス・空気)
稼働予定時期:2018年12月

最新ニュース

物流用語集