ホンダ/バングラデシュに二輪車新工場稼働

2018年11月12日 

本田技研工業は11月11日、バングラデシュの二輪車生産・販売合弁会社、バングラデシュホンダ(以下:BHL)が、ムンシゴンジ県に新設した二輪車工場を開所したと発表した。

新工場は、完成車組立能力10万台規模で稼動し、順次生産能力を拡大し、2021年までに20万台にする。

新工場建設のため、ムンシゴンジ県アブドルモネム経済特区に、10万m2の土地を購入し、工場建設、土地購入などの投資額は約32億円。

稼働開始時の同工場の従業員数は約390名で、事業拡大に伴い更なる増員を見込んでいる。

BHLは、現地調達をボディーフレームとスイングアームから着手し、将来的に他の部品に拡大していく。

■バングラデシュホンダの概要
設立:2012年12月
本社所在地:バングラデシュ ガジプール
出資比率:本田技研工業70%、Bangladesh Steel and Engineering30%
事業内容:二輪車および部品の輸入・製造・販売
生産能力:10万台/年(ムンシゴンジ県 アブドルモネム経済特区)
生産機種:Dream Neo110、LIVO110、CB Shine125、CB Trigger150、CB Hornet 160R
従業員数:約390名(2018年11月時点)

最新ニュース

物流用語集