フェデックス/関東で、輸送時間短縮などのサービス強化

2018年11月09日 

フェデックス エクスプレスは11月9日、輸出入貨物の輸送時間短縮や輸出貨物の集荷受付時間延長によって、関東地方の複数の地域で輸送サービスを強化したと発表した。

対象サービスは、フェデックス・インターナショナル・プライオリティ(IP)、フェデックス・インターナショナル・プライオリティ・フレイト(IPF)、フェデックス・インターナショナル・エコノミー(IE)、フェデックス・インターナショナル・エコノミー・フレイト(IEF)の4つ。

輸出貨物については、栃木県(佐野市の一部地域)と群馬県(館林市、大泉町、邑楽町、千代田町、明和町の全域)で集荷受付時間を平日の午後3時に変更した。

栃木県(栃木市の一部地域、足利市、野木町全域)と群馬県(伊勢崎市、太田市の一部地域)、茨城県(結城市、筑西市、古河市全域)、埼玉県(熊谷市、行田市全域 鴻巣市の一部地域)で輸送時間を1営業日短縮したほか、集荷受付時間を平日の午後2時に変更した。

輸入貨物は、東京都(稲城市、国分寺市、調布市全域)で輸送時間を1営業日短縮した。

フェデックス エクスプレスの氏家 正道北太平洋地区担当副社長は、「フェデックスでは、積極的に顧客の声に耳を傾け、マーケットの輸送ニーズを理解することに努めている。サービス強化は、関東地方の顧客の声を輸送ネットワークに反映させた結果で、関東地方の顧客のビジネスや産業の発展に寄与できれば幸い」と話している。

最新ニュース