エスライン/集配業務やルート配送で電気小型トラックを5台導入

2018年11月08日 

エスラインは11月8日、子会社のエスラインギフとエスライン各務原が電気小型トラック「e Canter」を、2019年2月より中部地区(岐阜・名古屋)で、企業間輸送のための集配業務やルート配送に使用する車両として導入すると発表した。

<新たに導入するオリジナルデザインの「e Canter」 >
新たに導入するオリジナルデザインの「e Canter」

<EV トラックのオリジナルデザイン>
EV トラックのオリジナルデザイン

エスラインギフとエスライン各務原では、電力で駆動するため排出ガスを一切出さず、無音・無振動で環境への負荷を大きく軽減できる「e Canter」を5台(エスラインギフ4台、エスライン各務原1台)導入することにしたもの。

この電気小型トラック「e Canter」は、従来のディーゼル車と比較し、振動も少ないためドライバーへの身体的な負担も少なく、労働環境のさらなる改善と構築につながるものであるとしている。

なお、エスライングループは、社員一人ひとりが地球市民の一員であることを自覚するとともに環境の改善が重要な課題であることを認識し、「地球温暖化防止への取り組み」「デジタルタコグラフの導入」「環境に配慮した車両の導入」「3Rの推進」「エコバンドの活用」「ダンボールリサイクル」「グリーン調達」等の活動を推進することにより、環境に配慮した物流サービスの提供を進めており、低公害車については、これまでもCNG車(圧縮天然ガス車)やハイブリッド車、NOx対応の尿素システムを搭載した大型車両の導入を積極的に行っていた。

■車両の仕様(EV 仕様)
車両総重量:7.5t (準中型免許対応)
キャブ幅:2000mm(ワイド)
ホィールベース:3400mm(E 尺)
最高速度:80km/h (リミッタ制御)
登坂性能:20%
バッテリー個数:リチウムイオン電池 6 パック(100×6=600cells)
バッテリー性能:13.8kwh/パック 合計 82.8kwh,370V
電費:約1.92km/kwh(航続距離約 120km,JE05)
充電時間:普通充電 約10時間

最新ニュース