ライフコーポレーション/大阪市住之江区に6.3万m2の物流センター開設

2018年11月07日 

ライフコーポレーション(ライフ)は11月12日、大阪市住之江区に、低温・常温併設型の「ライフ大阪平林総合物流センター」を稼働する。

<ライフ大阪平林総合物流センター>
ライフ大阪平林総合物流センター

同社の第六次中期計画での“ライフらしさ”の具現化を支える戦略としてインフラの整備を推進、「大阪平林総合物流センター」を起点とした近畿圏物流の再構築を行い、現状150店舗の物流体制を200店舗まで対応可能な体制に拡大していく。

施設は、敷地3万m2に、4階建て、延床面積6.3万m2の規模で、低温では農産・水産・畜産・惣菜・日配食品、常温では加工食品・菓子・酒類・米・たばこ・日用品・衣料品・店舗資材などを取り扱う。

なお、農産品の袋詰め加工等を行うプロセスセンターを併設する。

低温より部分稼働、常温については来年1月下旬開始の予定。

<付近図(広域)>

<付近図(周辺)>

■ライフ大阪平林総合物流センターの概要
委託先:加藤産業
住所:大阪府大阪市住之江区平林北1-2-132
(低温)TEL 06-6115-1101
(常温)TEL 06-6685-8633
建物構造:鉄骨造り 地上4階建て
敷地面積:29,943m2
建築面積:1万7957m2
延床面積:6万3766m2

最新ニュース