三井不動産、プロロジス/埼玉県川越市に13万m2の物流施設竣工

2018年11月06日 

三井不動産とプロロジスは11月6日、共同事業として開発を進めていた大型物流施設「MFLP プロロジスパーク川越」を竣工した。

<MFLP プロロジスパーク川越>
MFLP プロロジスパーク川越

三井不動産は、不動産業界国内最大手の総合デベロッパーとして2012年に物流事業に参画してからこの施設を含む稼働施設が19棟、さらに14棟の開発・計画を進めている。

プロロジスは、物流不動産のリーディング・グローバル企業であり、国内では、これまでに93棟の物流施設を新規開発し(開発中を含む)、国内最多の物流施設の開発実績を持つ。

双方の強みを活かし、共同事業の可能性を広げるために、より先進的で質の高い物流施設「MFLP プロロジスパーク川越」を完成させたもの。

「MFLPプロロジスパーク川越」は、最寄りの関越自動車道川越IC から車で約7分の場所に位置する。東名・中央・関越・東北道といった主要高速道路へのアクセスに優れ、都心と全国各方面を効率的に結ぶ輸送ポテンシャルの高い立地。さらに、西武新宿線「南大塚」駅からも徒歩6分と通勤利便性に優れ、人材確保にも有利な立地。

施設は、約6万m2の敷地に、上りと下りそれぞれのランプウェイ(ダブルランプウェイ)を備える地上4階建て合計延床面積約13万m2のマルチテナント型物流施設であり、圏央道以南の関越自動車道沿いにおいて、最大の物流施設となる。

<センター車路部>
センター車路部

<トラックバース部>
トラックバース部

ダブルランプウェイにより、各階のトラックバースに45フィートコンテナセミトレーラーがアクセス可能な仕様となっている。ワンフロアは中央車路を隔てて約8500坪、最小賃貸区画を約2000坪とするほか、1階の床荷重を2t/㎡(基準階は1.5t/㎡)とするなど、幅広い層のカスタマーニーズに対応できる設計としている。

敷地内では、トラックと乗用車の動線を分け、1階西側を両面バース、住宅が近接する東側は乗用車専用駐車場とすることで、高い作業効率と安全性を確保している。

全館LED 照明の採用をはじめ、地下水の植栽潅水・非常時生活用水への利用、非常用自家発電機や衛星電話、緊急地震速報通知システムを備えるなど、環境やBCPに配慮した最新鋭の施設。強固な地盤を有し、浸水リスクが少なく、災害に強いエリアに立地しており、今年6月に発生した大阪府北部地震から学んだ対策を実施している。

外壁には、「川越唐桟(かわごえとうざん)」という川越の名産品をイメージしたデザインを施している。また、歩行者用入口の前には、小江戸川越にちなんだ江戸彼岸桜をシンボルツリーとした広場を公開し、まちや周辺地域とのつながりを大切にした施設づくりを行っている。

<川越市内が見渡せるカフェテリア>

最上階には、施設内で働く方々に快適に過ごしてもらうため、家具や設備に工夫を凝らし、約250席を確保したカフェテリアや、パウダーコーナーのあるトイレを設け、共用部の充実を図っている。

<位置図>

■MFLPプロロジスパーク川越の施設概要
開発地:埼玉県川越市南台1-9-3
構造:地上4階建て、RC+S造
敷地面積:5万8749m2
延床面積 13万1272m2
着工:2017年8月
竣工:2018年10月

最新ニュース