住友倉庫/4~9月の営業利益20.9%減、海運事業が営業損失8億円

2018年11月06日 

住友倉庫が11月6日に発表した2019年3月期第2四半期の業績は、売上高900億4000万円(前年同期比4.3%増)、営業利益39億4300万円(20.9%減)、経常利益53億1700万円(13.4%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益17億300万円(60.1%減)となった。

物流事業の売上高は728億7900万円(6.2%増)、営業利益は48億9600万円(3.1%減)となった。売上高のうち、倉庫収入は127億2900万円(8.1%増)、港湾運送収入は184億8600万円(2.6%増)、国際輸送収入は192億3100万円(6.1%増)、陸上運送ほか収入は224億3000万円(8.4%増)だった。

海運事業の売上高は126億8500万円(3.5%減)、営業損失は8億200万円(前年同期は営業損失4900万円)となった。燃料油価格の上昇などが営業損失の増加に影響した。

通期は売上高1820億円(3.6%増)、営業利益89億5000万円(13.1%減)、経常利益114億円(10.1%減)、親会社株主に帰属する当期純利益68億円(18.6%減)を見込んでいる。

最新ニュース