三菱商事都市開発/千葉県八千代市で3.6万m2の物流施設着工

2018年11月05日 

三菱商事都市開発は11月5日、千葉県八千代市て開発計画を進めていた物流施設「MCUD八千代」を着工した。

<イメージパース(計画段階のため今後変更の可能性あり)>

<位置図>

「MCUD八千代」は、東葉高速鉄道線「八千代緑が丘」駅周辺の人口増加が見込まれる人材雇用面で優位なエリアに所在している。また、都心部まで約30kmの千葉県内陸部、首都圏を環状に結ぶ国道16号線内に位置し、京葉道路「花輪」ICから約10km、東関東自動車道「千葉北」ICから約12kmと、首都圏への広域配送、千葉エリアへの地域配送の双方に適した立地。

倉庫部分を2層に抑え、1階に南北2面同時に60台以上が接車可能なトラックバースを確保し、更には2階倉庫部分を積載荷重2t/m2、有効天井高7.5mとすることで、スピーディーな入出荷とさまざまな貨物の保管が可能な汎用性の高い物流倉庫。

また敷地内には従業員用駐車場を157台分設けている他、休憩室・カフェテリアの設置を想定したスペースを確保しており、働きやすい環境づくりにも配慮した施設としている。

■概要
名称:MCUD八千代
所在地:千葉県八千代市緑が丘西六丁目12番2
交通:京葉道路「花輪」IC約10km
   東関東自動車道「千葉北」IC約12km
敷地面積:3万7798.8m2
延床面積:3万6508.0m2
構造・規模:鉄骨造 地上3階
乗用駐車場:157台
トラック待機場:12台
設計:梓設計・新日本建設 設計共同企業体
施工:新日本建設
竣工時期:2019年夏(予定)

最新ニュース