京都中央郵便局/ecboの荷物一時預かりシェアリングサービス導入

2018年11月05日 

ecboは11月2日、京都中央郵便局に荷物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を導入し、10月29日から荷物預かりの実証実験を開始したと発表した。

<ecbo cloak>

<利用イメージ>

ecbo cloakは、コインロッカーの代わりに、ネットで事前予約をすることで、さまざまな場所に荷物を預けることができるサービス。京都中央郵便局では最大30個の荷物を保管する。

<京都中央郵便局>

京都中央郵便局では、昨年12月から手荷物の一時預かりなどの手ぶら観光サービスを開始し、インバウンド・観光向けサービスに積極的に力を入れてきた。

今後はecbo cloakの導入で、事前の予約とクレジットカード決済での荷物の預かりが可能になり、利用の間口が広がることで、国内外・老若男女問わず、より多くの利用者が確実に荷物を預けることができるようになる。

関東エリア以外の郵便局へのecbo cloakの導入は今回が初で、ecbo cloakを導入している郵便局としては32局目となる。

■京都中央郵便局ecbo cloak荷物預かり概要
場所:京都府京都市下京区東塩小路町843-12
保管できる荷物数:30個
料金:サイズに限らず一律1個600円(税込)/日
預かり可能時間:9:00~18:00
利用方法:ecbo cloakサイトから予約をし、荷物を持ち込む(当日予約も可能)
支払方法:予約完了時に登録のクレジットカードで決済が完了(現金不可)

最新ニュース