商船三井ロジ/ポーランドのヴロツワフ市に支店開設

2018年11月05日 

商船三井ロジスティクスは11月5日、欧州地域統括法人・MOL Logistics Holding (Europe)が、ポーランドでの営業体制を強化し、顧客の多様化するニーズに応えることを目的として、11月1日付で同国ヴロツワフ市に支店を開設したと発表した。

長年ポーランドでの営業とロジスティクスサービスについて、ドイツ法人、MOL Logistics (Deutschland)を通じてを顧客に提供してきたが、ポーランド支店はポーランドのみならず東欧エリアでの営業拠点の位置づけであり、今後は同支店から顧客に各種ロジスティクスサービスの提案、提供を行っていくとしている。

なお、ヴロツワフ市はポーランド第4の都市でワルシャワに次いで日系企業の進出が多く、欧州域内へ繋がる高速道路や列車の路線が通るなど物流の要衝。ポーランド支店で商船三井ロジスティクスグループの全世界規模のネットワークを活用し、営業情報の共有を図り、高品質できめの細かい物流サービスを顧客に提供する。

■概要
名称:MOL Logistics Holding (Europe) Sp. z o.o., Branch in Poland – Wroclaw Office
所在地:ul. Podwale 83/12, 50-414 Wrocław, Poland
TEL:+48 512 402 318
開設日:2018年11月1日
業務内容:陸海空フォワーディング業、通関、倉庫、ロジスティクスサービス、その他付帯事業

最新ニュース