昭和産業/家庭用小麦粉・プレミックス製品値上げ、物流コスト上昇も一因

2018年11月02日 

昭和産業は11月2日、家庭用小麦粉、プレミックスの製品価格を、2019年1月4日出荷分より改定すると発表した。

輸入小麦の政府売渡価格が 2018年10月1日より引上げられたこと、さらに人件費や物流コスト等の上昇を受け、全社を挙げての効率化、合理化等を進めてきたが、自社努力によるコスト上昇分を吸収すること限界に達したもの。

対象商品と改定価格は、家庭用小麦粉が約1~3%の値上げ、家庭用プレミックスが約2~3%の値上げとなっている。

最新ニュース