日本郵船/東京コンテナ・ターミナルで小学生120名招き見学会

2018年11月02日 

日本郵船は11月2日、日本船主協会からの依頼で、10月19日に東京都中野区の小学5年生120名の日本郵船東京コンテナ・ターミナルへの見学を受け入れたと発表した。

<コンテナについて学ぶ子ども達>

当日は、船長も兼務する横浜支店大井事務所の白石道也所長や、10月に入社したばかりの海上職社員をはじめとする関係者が付き添い、東京港が首都圏の生活・産業活動を支える玄関口として機能していることや、コンテナ輸送のメリット、貨物によってさまざま種類の海上輸送用コンテナがあることを子供たちに説明した。

<ターミナルビル屋上からの見学>

その後、ターミナルビルの屋上からターミナル全体を見下ろしながら概要を説明し、バスでターミナル内を移動しながらコンテナの積み降ろしに使用する巨大なガントリークレーンなどの設備を間近で視察した。

見学の受け入れは、海運業の認知度向上や船員志望者の増加に向けて2014年に開始した「郵船みらいプロジェクト」の一環で、多くの子ども達に海運業界への興味と親しみを持ってもらう機会となった。

最新ニュース