アスラテック/無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューション開発

2018年11月02日 

アスラテックは10月26日、遠隔ロボットコントローラー「V-Sido WebConnect(ブシドー・ウェブコネクト)」を用いた、無人搬送車向けの遠隔操縦ソリューションを開発したと発表した。

<無人搬送車の「EffiBOT」に遠隔操作モジュールを搭載した状態>
無人搬送車の「EffiBOT」に遠隔操作モジュールを搭載した状態

このソリューションは、倉庫内の無人搬送台車や自律搬送ロボットなど、さまざまな無人搬送車にインターネット経由で遠隔操縦したり遠隔管理したりできる機能を実装するもの。

主に遠隔操作の専用ウェブアプリケーションとV-Sido WebConnectで構成されており、既存の無人搬送車をほとんど改造せずに遠隔操縦などに対応させることができる。また、新規に搬送車などを開発する際に、このソリューションを組み込むことで、新しい無人搬送車を開発することも可能だ。

遠隔操縦ソリューションは、「同一ネットワークだけでなくインターネット経由の遠隔操縦、遠隔管理が可能」「ウェブブラウザやゲームコントローラーなどで無人搬送車の操縦が可能」「カメラとマイクを使った遠隔モニタリングが可能(360度カメラにも対応)」「CAN(Controller Area Network)やシリアル通信など、さまざまな通信プロトコルに対応」「GPSによる位置検出の表示に対応」の特徴を持つ。

このソリューションは現在、フランスのEffidence社が開発した無人搬送車「EffiBOT」や、アスラテックが検証用に開発した試作無人搬送台車など、複数の無人搬送車で動作することを確認している。

最新ニュース