レンゴー/4~9月の軟包装、重包装関連事業とも増収減益

2018年11月02日 

レンゴーが11月1日に発表した2019年3月期第2四半期決算によると、軟包装関連事業の売上高は365億9100万円(前年同期比8.3%増)、営業利益11億2400万円(46.5%減)、重包装関連事業の売上高は206億3800万円(4.8%増)、営業利益は8億5600万円(6.3%減)だった。

軟包装関連事業は、コンビニエンスストア向けを中心に需要は増加したものの、原料価格の上昇等により、増収減益となった。

重包装関連事業は、樹脂製品の販売量は増加したものの、原料価格の上昇等により、増収減益となった。

最新ニュース

物流用語集