関西電力/全国初、電柱に宅配ロッカー設置

2018年11月01日 

関西電力とフルタイムシステム、日本ネットワークサポートの3社は11月1日、「電柱吊宅配ロッカーサービス」を試行実施すると発表した。

<3社による事業スキーム>
3社による事業スキーム

<宅配ロッカー>
宅配ロッカー

<設置場所の一例>
設置場所の一例

<運用方法>
運用方法

今回の試行実施は、京都府精華町内にある3か所のマンションで、11月1日~2019年3月15日まで行われる。敷地内や敷地に隣接する歩道上の電柱に、フルタイムシステムが電柱吊専用に開発した宅配ロッカーを、日本ネットワークサポート製の専用支持具によって設置。マンション住民に利用してもらい、利用回数を確認するなど事業性を評価し、結果を踏まえて事業化を検討していく。

電柱を宅配ロッカーの設置か所として活用するのは、全国で初めての試み。電柱への設置によって、マンション向け宅配ロッカーの課題であるスペースや電源の確保を容易にする。

今回の試行実施は、関西電力がオープンイノベーションの取組みとして2016年11月~12月にかけて開催した、電柱を活用したビジネスアイデアコンテスト「Dentune(デンチューン)!!-電柱の新たな未来-」で創出されたアイデアを参考に事業化を目指すもの。

関西電力が主宰となってフルタイムシステム、日本ネットワークサポートと連携し、京都府精華町やヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の協力下で行う。

最新ニュース