楽天/KDDIに物流サービスを提供

2018年11月01日 

KDDIと沖縄セルラー電話、楽天は11月1日、物流・決済・通信ネットワークの3分野でアセットを相互利用し、各事業領域のサービス競争力を強化することに合意したと発表した。

<事業協争スキーム>

物流サービス分野では、KDDIが運営する総合ショッピングモール「Wowma!(ワウマ)」に、楽天が物流サービスを2019年4月から順次提供する。

楽天は「楽天市場」で商品の注文から配達までの仕組みを一気通貫で管理する包括的な物流サービス「ワンデリバリー」構想を掲げ、「楽天スーパーロジスティクス」や「Rakuten EXPRESS」などさまざまな施策に取り組んでいる。今後は「ワンデリバリー」構想を両社で推進し、物流業界の社会課題である不在再配達の増加や人手不足などに対して効率的な物流・配送サービスを実現することで、国内EC市場の健全な持続的発展を目指す。

そのほかの分野については、決済サービス分野で楽天が「楽天ペイ (アプリ決済)」などの決済プラットフォームや加盟店網をKDDIへ提供。KDDIは楽天グループが直接契約している全国120万か所の加盟店などを生かしたスマホ決済サービス「au PAY」を2019年4月から開始する。

通信ネットワーク分野では、楽天が2019年10月に開始予定の第4世代移動通信サービス(LTE通信サービス)に、KDDIが通信ネットワークを提供。楽天は提供期間の2026年3月末までに、自前の全国ネットワークを構築していく。

最新ニュース