パナソニック/物流諸費用の上昇などで電設資材値上げ

2018年10月31日 

パナソニック エコソリューションズ社は10月31日、電設資材関係の一部商品価格を、2019年1月1日から改定すると発表した。

製品ごとの値上げ幅は、電線管本体の鋼製電線管本体が20%、ポリエチライニング鋼管が20%、エアコンアクセサリーの配管化粧カバースッキリダクトが18%、ドレンホース、ドレンパイプが25%、室外機据付部材(金属製)が15%、その他エアコン配管アクセサリー、ソリューション商品が20%となる。

値上げの理由は、高騰する原材料価格や上昇する物流諸費用を内部の合理化や改善努力のみで吸収することが困難になったため。

最新ニュース