玉井商船/子会社のばら積み運搬船を譲渡

2018年10月31日 

玉井商船は10月31日、連結子会社のT.S.Central Shippingが所有する固定資産(船舶)を譲渡すると発表した。

載貨重量5万2950トン、船齢9年のばら積み運搬船「NIKKEI DRAGON」を、グループにおける船隊計画の見直しのため、海外の第三者法人へ譲渡する。10月26日に売買契約を締結済みで、2019年1~3月に引き渡す。

譲渡価格は非公開で、譲渡益は7億円。譲渡益は、2019年3月期第4四半期に特別利益として計上を予定している。

最新ニュース