UPS/日本法人社長にUPSベトナム前代表が就任

2018年10月30日 

ユーピーエス・ジャパンとユーピーエス・サプライチェーン ソリューション・ジャパンは10月30日、両社の代表取締役社長にダリル・テイ(Daryl Tay)UPSベトナム前代表(マネージング・ディレクター)が就任したと発表した。

<日本法人のダリル・テイ新社長>

テイ社長は、UPSに18年間勤続し、これまでアジア太平洋地域で営業、事業戦略、マーケティング、オペレーションなどでチームを率い、イニシアティブをとってきた。

UPSベトナムの代表在任中には、ベトナム中部から南部にまたがる10省でサービス強化を行ったほか、ベトナムとオーストラリア、マレーシアなどを含む貿易パートナー間と、新たな海上輸送とフレートフォワーディングの貿易ルートを開設した。

また、2010年にはUPS中国のマーケティング・ディレクターに就任し、中国での事業が急速に展開する中、中国企業と世界中のオンラインバイヤー/セラーを結びつけた現地オンライン小売大手との戦略的提携を通して、UPSのeコマース戦略立案で重要な役割を果たした。

テイ社長は、「日本企業はアジア、特に東南アジアで事業を拡大しており、日本市場は、UPSにとって優れた成長ポテンシャルを示している。日本の顧客と協力しながら、顧客のビジネスの競争優位性をさらに高める新しい機会やサービスを見つけていくことを楽しみにしている」と述べた。

なお、テイ社長の就任にあたり、ユーピーエス・ジャパンとユーピーエス・サプライチェーン ソリューション・ジャパンの梅野正人前社長は、UPSアジア太平洋地域南アジア地区の通関部門のディレクターに就任する。

■ダリル・テイ新社長の略歴
学歴:シンガポールの南洋理工大学(Nanyang Technological University)経営学部卒。
2000年:UPSシンガポールのストラテジック・アカウント・セールスチームの一員として入社
2010年:UPS中国のマーケティング・ディレクター
2015年:UPSベトナムのマネージング・ディレクター

最新ニュース