いすゞ/安全・燃費性能高めた新型エルフを発売

2018年10月29日 

いすゞ自動車は10月29日、小型トラック「エルフ」を改良し、発売を開始した。

<新型エルフ>

価格は617万3000円(税抜)。エルフ全体で、年間4万4000台の販売を目指す。

<ステレオカメラ>

<安全装置>

新型エルフには、小型トラックとして初めて車両や歩行者、自転車の検知に優れるステレオカメラを採用したほか、衝突被害の軽減や衝突回避を支援するプリクラッシュブレーキなど、最新の先進安全装置を搭載している。

<PREISMのイメージ>

通信端末を全車標準搭載したことで、車両心臓部のコンディションをインターネットで把握でき、2015年から大型トラック「ギガ」で展開を始めた遠隔データを活用した高度純正整備「PREISM(プレイズム)」をエルフでも実施可能にした。

さらに、小型商用車で初採用となる燃料噴射量フィードバック制御、排気位相可変バルブ、モデルベースEGR制御などの最新技術を採用。加えて、主要コンポーネントを一新した小排気量高過給エンジン4JZ1(排気量2999㏄)と、後処理装置にDPD+尿素SCRを新たに採用し、「平成28年排出ガス規制」に適合しながらクラストップの燃費性能をさらに向上させている。

最新ニュース