佐川急便、JR北海道/旅客列車に宅配便

2018年10月29日 

佐川急便と北海道旅客鉄道(JR北海道)は10月29日、宅配便を旅客列車で運ぶ貨客混載事業に取り組んでいくことに合意したと発表した。

<運用フロー>

事業展開を想定している範囲は、JR北海道が管轄する宗谷線の稚内駅~幌延駅間を検討。

佐川急便が天塩郡幌延町で1日に配達する配達荷物をJR稚内駅に専用ボックスで輸送し、宗谷線車内に専用ボックスを固定して、稚内駅から幌延駅まで輸送する。その後、JR幌延駅で幌延町を担当するドライバーが、駅で配達荷物を受け取り配達を行う。

北海道での列車を使った貨客混載事業については、道内の集配効率向上を目指す佐川急便がJR北海道に相談。JR北海道としても列車を有効活用して収入に繋げることができることから、実現の可能性について両社で検討し、事業化に合意した。今後は事業実施に向けて、両社で実証実験などを行っていく。

最新ニュース