阪急阪神エクスプレス/インド西部に倉庫を開設

2018年10月29日 

阪急阪神エクスプレスは10月29日、インド現地法人の阪急阪神エクスプレス(インド)がインド西部のグジャラート州アーメダバードに倉庫を開設すると発表した。

<倉庫外観>

<内観>

<周辺図>

アーメダバード市はインド最大級の自動車産業集積地で、多くの日系企業が進出している。阪急阪神エクスプレスは4月に市内で営業所を構え、営業活動を展開しており、日系自動車メーカーが集積するエリアに倉庫を稼働させることで、自動車メーカーへのJIT(ジャスト・イン・タイム)納入に対応する。

今後も順次取扱高を拡大し、2020年には倉庫面積を3倍に拡張する予定だ。

■倉庫概要
名称:HANKYU HANSHIN EXPRESS INDIA PRIVATE LIMITED Ahmedabad Logistics Centre
住所:Plot No.500/1 Navyani village,Surender Nager,Mehsana 382750,Gujarat,India
倉庫面積:464m2
営業開始日:11月1日

最新ニュース

物流用語集