三菱UFJリース/米国トラック・トレーラー等の販売金融会社を取得

2018年10月29日 

三菱UFJリースは10月19日、全米でトラック・トレーラー、工作機械、建設機械の販売金融事業等を展開するENGS Holdings Inc.(以下:ENGS社)の全株式を取得することについて合意したと発表した。

ENGS社は、1952年に設立されて以降、トラック・トレーラーの販売金融事業を展開していたが、近年は工作機械、建設機械の販売金融のほかファクタリング・保険代理店業務等にも進出するなど事業分野の多角化や、IT の活用をはじめとする販売金融プラットフォームの先進化を進めていた。

三菱UFJリースグループでは、世界最大の設備ファイナンス市場である米国を重点市場と位置付け、2016年に地場・マルチナショナル企業向け専門チームを立ち上げたほか、2017年には北米貨車リース事業のプラットフォームを設立するなど、事業拡大に取り組んでいた。

販売金融事業においては、2015 年にタイに拠点を設立するなど、販売金融事業に係る専門性を高めてきた。

今回、ENGS社をグループに加えることで、米国内における設備導入ニーズにより的確にお応えする販売金融ソリューションを提供する。

■ENGS社の概要
商号:ENGS Holdings Inc.
本社所在地:米国イリノイ州
設立年:1952 年
代表者:President & CEO Craig Weinewuth
総資産:680百万ドル(2017年12月末時点)
事業内容:トラック・トレーラー、工作機械・建設機械の販売金融、ファクタリング、保険代理店業務

最新ニュース