日通/中国外運と業務提携、日中第三国市場協力フォーラムに先駆け

2018年10月26日 

日本通運は10月26日、北京市・人民大会堂で開催された「日中第三国市場協力フォーラム」に参加したと発表した。

<中国外運の王宏董事長(左)と渡邉会長>

<会談の様子>

フォーラムは、日中の第三国での民間経済協力案件を念頭に、両国の幅広い政府関係機関・企業が出席し、日中の民間企業の交流を一層推進するために開催され、日通からは渡邉健二会長、杉山龍雄常務執行役員、橋本浩平執行役員らが出席した。

フォーラムのテーマの一つである日本と中国の協力プログラムの一環として、フォーラムに先駆けて、日通は中国外運と業務提携の覚書を締結した。

中国外運は、中国国営企業の招商局集団の傘下で、世界36か国、79拠点の海外ネットワークを持つ、中国最大手の総合物流企業。

今回の業務提携を通じて、両社の物流業界での優位性および資源を活用し、中央アジアやアフリカなど第三国での物流面の協力を行い、相互の発展を目指す。

最新ニュース