住友倉庫/50億円を特損計上、業績予想を修正

2018年10月26日 

住友倉庫は10月26日、2019年3月期第2四半期決算に、50億円の特別損失を計上するとともに、第2四半期連結業績予想と通期連結業績予想を修正すると発表した。

海運事業で、海上運賃が想定を下回っているほか、原油高による燃料費の高騰や北米内陸輸送費、傭船費用の増加などを受けて業績が事業計画を下回って推移しているため、今後の事業計画を見直し、海運事業の固定資産に係る回収可能価額を検討した結果、減損損失50億円を特別損失に計上することとした。

第2四半期と通期の連結業績予想については、資産効率の向上を図るため保有する政策保有株式の一部を売却し、投資有価証券売却益26億円を特別利益に計上したことなどから、それぞれ修正する。

修正後の第2四半期売上高は900億円(前回予想比1.1%増)、営業利益39億5000万円(3.7%減)、経常利益53億円(1.9%減)、親会社株主に帰属する四半期純利益17億円(50.0%減)。

通期は売上高1820億円(0.6%増)、営業利益89億5000万円(1.6%減)、経常利益114億円(0.9%減)、親会社株主に帰属する当期純利益68億円(20.0%減)。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集