川崎重工/31.1万重量トン型の大型石油タンカー引渡し

2018年10月26日 

川崎重工業は10月26日、中国遠洋海運集団と共同運営している中国南通市の南通中遠海運川崎船舶工程(NACKS)で、SABER TANKER CORPORATION(セイバー タンカー コーポレーション)向けVLCC「MAYASAN(マヤサン)」を引き渡したと発表した。

<MAYASAN>
MAYASAN

MAYASANは、川崎重工業が新たに開発した31万1000重量トン型VLCCの3番船。新開発した喫水線における船長の長い船首形状を採用し、推進性能を向上させているほか、低回転超ロングストローク主機関と高効率の大直径プロペラの採用で、低燃費を達成。

また、船体強度の信頼性向上のための新規則HCSR(調和共通構造規則)に対応し、高い安全性を確保している。

■主要目
全長:339.50m
長さ(垂線間長):334.10m
幅(型):60.00m
深さ(型):28.90m
満載喫水(型):21.00m
総トン数:16万2156トン
載貨重量:31万2006トン
主機関:MAN B&W 7G80ME-C9.5-TII型ディーゼル機関1基
連続最大出力:2万2800kW X 58回転/分
乗船定員:36名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:パナマ

最新ニュース