NTTロジスコ/医療機器物流共同配送サービスの対象エリアを拡大

2018年10月25日 

NTTロジスコは10月25日、医療機器物流の3PL事業を運営するメディカルロジスティクスセンターにおいて、共同配送サービス「メディカルライナー」 の新ルートである東京都内ルート配送サービスの運用を開始したと発表した。

<教育訓練を受けた医療機器配送専用ドライバーによる個数確認作業>

<積込作業の様子>

NTTロジスコでは医療機器メーカーおよび医療機器ディーラーの双方へのサービス向上を目指して、新たに東京23区内で医療機器ディーラーの拠点が集中するエリアを対象として、9月20日から東京都内ルート配送サービスを開始した。

これにより、複数の医療機器メーカーの届け先への効率的な配送ルートを組み、車両の積載効率を向上させることで低廉な配送サービスを実現する。

また、専用便を利用することで、宅配便や路線便等の配送の過程で生じる集荷店及び配達店での積み替え作業がなくなり、破損事故と仕分けミスの減少、納品時間の安定化等の配送品質の向上と共に、梱包の簡易化による資材費の低減が可能となった。

教育訓練を受けた医療機器配送専門のドライバーにより届け先に納品されるため、製品の特性に応じた納品仕様及び取扱注意事項等へ柔軟な対応が可能となる。また、届け先の医療機器ディーラーの希望納品時間の要望を最大限取り入れたうえで配送ルートを設計するとしている。

さらに、届け先である医療機器ディーラーにおいても、複数の医療機器メーカーの製品が一括納品されることで、荷受け業務の作業負担が軽減することができる。

東京都内ルート配送サービスの専用車両では小型車両を用いて配送を行うため、1向先あたりの荷量が少量の場合でも対応が可能。突発的な荷量の増加が生じた場合には増車により対応する。

<動態管理システム 医療機器メーカー専用画面のイメージ>

東京都内ルート配送サービスの運用開始に合わせて、動態管理システムを導入した。万が一配送遅延が発生した場合には事前に登録している各医療機器メーカー担当者のメールアドレス宛に配送遅延情報が発信され、遅延情報を事前に把握できる。また、各医療機器メーカーからはweb上で車両の位置確認と配送状況をリアルタイムで確認できる。

今後メディカルロジスティクスセンター内のより多くの医療機器メーカーにこのサービスを提供すると共に、神奈川、千葉、関西を対象とした新ルートを構築する予定。医療機器ディーラーからのミルクラン(巡回集荷) サービスについても、インプラント製品や手術用器械の整形外科分野の医療機器メーカーからの要望に応え、近日中にサービス開始を予定している。

最新ニュース