宇部興産/名古屋市港区で工場新設、三菱重工から建屋賃借

2018年10月25日 

宇部興産は10月25日、グループ会社のU-MHIプラテックが名古屋市港区の三菱重工業大江工場内で、射出成型機工場を新設すると発表した。

新工場の建屋は、三菱重工業が大江工場のグラウンド跡地1.8万m2を利用して建設し、U-MHIプラテックへ賃貸。2020年3月に建屋が完成し、同7月に名古屋市中村区にある岩塚工場から移転を予定している。

新工場への移転で工場内に散在している製造設備・材料・仕掛品などのレイアウトを一新し、効率的な生産を可能にする。また、主要顧客の自動車産業に近い名古屋地区に最新の製造拠点を置くことで、競争力の強化を図る。

U-MHIプラテックは宇部興産の完全子会社である宇部興産機械が85%を、三菱重工業が15%を出資する射出成型機メーカー。

■新工場の概要
建設地:名古屋市港区大江町10
敷地面積:1万8000m2
着工:12月
完成:2020年3月(2020年7月移転完了)
建設主:三菱重工業

最新ニュース