ライオン、PALTAC/物流拠点間のパレット移動管理伝票を電子化

2018年10月24日 

ライオンとPALTACは10月24日、日本パレットレンタル(JPR)が提供をするパレット移動管理伝票の電子化サービスの活用について、ライオンの物流センターとPALTACの全国主要物流拠点での導入に合意し、11月から運用を開始すると発表した。

<パレット移動管理伝票の電子化フロー>

紙伝票をQRコードを使用した電子伝票に変更することで、パレット枚数の伝票記入業務・伝票保管業務・端末入力業務などの負担を削減するとともに、紙の使用量を削減できる。

伝票の電子化でパレットの枚数が入出荷時に即時確定されるためデータのリアルタイム性が向上するほか、各社で情報の共有が可能になり、入力漏れなどによる未照合データの確認作業時間が削減できる。

ライオンとPALTACは、JPRによるパレット移動管理伝票の電子化サービスについて、8月から実証実験に着手。パレット移動枚数の伝票記入業務や端末機への入力業務の負担削減、伝票のペーパーレス化などの効果が得られたことから、同サービスの導入を決めた。なお、日用品業界でのQRコードを使用した伝票電子化サービスの導入は今回が初の事例となる。

今後、両社は、パレット移動管理伝票の電子化の仕組みを用いて、積載商品を含めた伝票管理に広げるなどサプライチェーンを強化し、物流の効率化を進めていく。

最新ニュース