商船三井/ばら積み船80隻に船舶の設計・運航支援システム試験導入

2018年10月24日 

商船三井は10月24日、NAPA Ltd.が開発した船舶の設計・運航支援システム「NAPA Fleet Intelligence with Noon Report(NAPA FI)」 を、ばら積み船80隻に試験導入すると発表した。

NAPA FIは船に運航データ収集装置の搭載を必要とせず、航海日誌と自動船舶識別装置から取得した情報を工学的知見とデータ分析ノウハウを活用し、推進性能を分析するサービス。

自社船に導入することで、エンジンの適切な出力管理や、タイムリーな船体・プロペラ汚染対策を通じて、運航船が排出する温室効果ガスの削減効果などを検証する。

商船三井は、業種を超えて各種データを可視化して課題解決を図る取り組みを「FOCUS」プロジェクトを通じて強化している。加えて、NAPA FIは導入容易性が高く、傭船期間が短期的であっても推進性能を最適化し、環境負荷を低減できることを見込んでおり、両取り組みで得られる知見を融合し、相乗効果の発揮を目指す。

最新ニュース