三井E&Sマシナリー/港湾用クレーンの電力使用量を72%削減

2018年10月23日 

三井E&Sマシナリーとエクセルギー・パワー・システムズは10月23日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の2017年度助成事業に係る実験を行い、コンテナ荷役用クレーンの電力使用量を72%削減、契約電力を54%削減可能なことを実証したと発表した。

コンテナ荷役用クレーンの巻下時に発生する回生電力を超急速充電電池に回収し、巻上時に供給することで電力使用量を削減したとともに、電力回生と急速放電を行い受電量を平滑化することで契約電力を削減した。

<TRANSTAINER>

<エクセルギー電池(1モジュール)>

<実証実験の様子>

実験では、名古屋ユナイテッドコンテナターミナルの鍋田ターミナル内に設置された三井E&Sマシナリー製RTGクレーン「TRANSTAINER」に、4.8kWhのエクセルギー・パワー・システムズ製超急速充電電池「エクセルギー電池」を搭載し、重量40.6トンの40フィート試験コンテナを巻上下した。

主巻モータを発電機として作動させることで、コンテナ巻下時の運動エネルギーを電気エネルギーに変換する回生電力をエクセルギー電池に蓄電し、コンテナの巻上時に放電することで、主巻モータへ電力を供給した。

今回の実験結果は、従来のリチウムイオン電池を利用した場合の電力使用量の削減率が29%、契約電力の削減率が10%であったことからも、大きな効果が得られている。

最新ニュース