エスライン/4億円投じ、岐阜県郡上市に新物流倉庫を建設

2018年10月22日 

エスラインは10月22日、子会社のエスライン郡上が、が新物流倉庫(移動式ラック付定温管理倉庫)を建設すると発表した。

<完成イメージ図>
完成イメージ図

エスライン郡上は、医薬品、医薬部外品等の生産を行う企業(委託会社)から、同製品の入出庫・保管・輸送といった物流業務を請け負うこととなったもの。

委託会社の製造ラインの大幅な増設・増産計画に応えるもので、エスライン郡上としても、一層の作業領域と業容の拡大に繋がるものであると期待している。

また、新物流倉庫には移動式ラックを導入し、限られたスペースの中でより多くの製品をパレット保管できるほか、空調設備によって製品を定温にて完全管理する機能も備えており、限れた人員での作業の効率化と質の高い保管を行える新物流倉庫として、これまで以上に顧客からの多様なニーズに応えられるとしている。

なお、この移動式ラック付定温管理倉庫は、2018年12月から着工し、2019年4月中旬完成後、2019年5月1日より稼動開始の予定。

■新物流倉庫の概要
名称:エスライン郡上 移動式ラック付定温管理倉庫
所在地:岐阜県郡上市八幡町旭字中島浪195
規模:土地 2912.64m2
   倉庫面積 1774.78m2
   ダイフク 移動ラック 2048 パレット収容
  (1列×21パレット)×4段
  (26列×19パレット)3 パレット×4段
  (1パレット最大重量 600kg)
荷姿:(W1.2m×L1.0m×H1.25m)
パレット(W1.2m×L1.0m×H0.15m)
用 途:医薬品、医薬部外品等の入出庫作業および保管・輸送
投資額:4億円
資金計画:自己資金および金融機関からの借入れ
稼動日:2019年5月1日
予想売上高:6000万円(年間)

最新ニュース