商船三井/三井物産向け新造LNG船を竣工

2018年10月19日 

商船三井は10月19日、川崎重工業坂出工場で建造中だったLNG船「MARVEL EAGLE」が竣工し引き渡しを受けたと発表した。

<LNG船「MARVEL EAGLE」>
LNG船「MARVEL EAGLE」

<命名式>
命名式

この船は、2014年9月、2015年1月に三井物産と定期用船契約を締結した新造LNG船3隻のうちの第一船であり、同社が出資する米国ルイジアナ州のキャメロンLNGプロジェクトからのLNG輸送に主に従事する予定。

またこの船は、先に発表した商船三井の進めるFOCUSプロジェクトの基盤となる高性能な運航データ収集装置を搭載する第一船となる。

同装置で収集する実海域での詳細な航海・機関データは、商船三井のクラウド上のデータプラットフォームに保管され、今後その活用を進めていくとしている。

■“MARVEL EAGLE”概要
全長:299.9m
全幅:48.90m
満載喫水:11.80m
LNGタンク:モス型 球形
貨物タンク容量:15万5000立方m
主機関:推進モーター×2基、減速機×2基
航海速力:約19.5ノット
建造造船所:川崎重工 坂出工場
船舶管理会社:MOL LNG Transport(Asia)(商船三井100%子会社)
保有比率:商船三井100%

最新ニュース