日本郵政キャピタル/農業総合研究所の株式取得、農産物流通で連携強化

2018年10月19日 

日本郵政キャピタルは10月19日、農業総合研究所と資本提携契約を締結し、同社の発行済株式12.5%を取得すると発表した。

農業総合研究所は、全国の生産者と提携し、同社集荷施設で集荷した新鮮な農産物をスーパーマーケット等で委託販売するプラットフォームを提供。

日本郵政グループでは、日本郵便四国支社が同社と連携し、農産物流通事業に関する集荷場事業運営及び運送業務を実施している他、集荷場における生産者の新規登録数拡大を促進するため、生産者募集業務に係る業務委託契約を締結している。

出資により、農業総合研究所の取り組みを更に後押しするとともに、日本郵政グループによる連携強化を検討していくとしている。

■農業総合研究所概要
農業総合研究所
本店所在地:和歌山県和歌山市黒田17-4
事業概要:農産物流通プラットフォーム事業

最新ニュース