ロボット展示会/物流支援ロボットやヒト型ロボットも登場

2018年10月19日 

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、10月17日~21日まで、東京ビッグサイトでロボットの展示会と競技会によるロボットの国際大会「World Robot Summit(WRS)2018」を開催している。

<会場>
会場

展示会「World Robot Expo(WRE)」には91の企業・団体が出展し、最新の産業用ロボットや暮らしの中で活躍するサービスロボットなど、さまざまな製品を展示している。10月17・18日の2日間では、延べ1万7257人が会場に足を運んだ。

<CarriRo Delivery>
CarriRo Delivery

物流関連のロボットでは、住友商事の企業ブース内に物流支援ロボットなどの開発を手がけるZMPが、宅配ロボット「CarriRo Delivery」を展示し、注目を集めていた。

<フレイト>
フレイト

また、ロボット専門商社のイノベーションマトリックス・ジャパンは、総代理店を務める米国フェッチロボティックス社製の自律走行搬送ロボット「フレイト」を出展。ブース内でのデモンストレーション走行を行った。

そのほか、今回の展示会ではヒト型ロボットの出展が目立った。totto製作委員会と日本電信電話(NTT)は、黒柳徹子さんのアンドロイド「totto」を共同出展。テレビ番組「徹子の部屋」をモチーフにしたブースで、担当者との対話型デモンストレーションを行った。

WRS2018は2020年に開催予定の「WRS2020」のプレ大会という位置づけ。2020年の本大会は愛知県と福島県で開催される。

■開催概要
名称:World Robot Summit2018
会期:10月17日~21日
会場:東京ビッグサイト 東6・7・8ホール
主催:経済産業省、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
※同時開催:Japan Robot Week2018(主催:日本ロボット工業会、日刊工業新聞社)

最新ニュース