西鉄/仏物流企業を買収し、国際物流事業を強化

2018年10月18日 

西日本鉄道(西鉄)は10月18日、フランスの地場物流企業「GLOBAL STAR INTERNATIONAL SAS(GSI社)」の株式を100%取得し、子会社化したと発表した。

新社名は「NNR GLOBAL LOGISTICS FRANCE SAS」で、10月9日から営業を開始している。

GSI社は、パリのシャルル・ド・ゴール空港近くにある本社のほか、港湾都市のル・アーブル、マルセイユに支店を展開し、航空輸送や海上輸送を主力に事業を行っている。

機械類や電気電子機器などのほか、西日本鉄道で取り扱いの少なかったファッション関連や石油プラント関連、生鮮品なども取り扱っているため、買収でノウハウを取り入れ、強化を図る。

西鉄は国際物流事業の拡大に注力しており、事業エリアを現在の世界27か国・地域、113都市(2018年10月現在)から世界35か国・地域、130都市まで拡大する目標を掲げている。

今後は、12月までにUAEのドバイに駐在事務所を設立し、中東・アフリカ市場への足がかりとするほか、2019年度以降はイタリアとブラジルでの法人化を予定。

また、事業基盤の強化に向けた他企業との提携やM&Aの推進に加え、航空宇宙産業関連や電気自動車関連の輸送、中国~ヨーロッパ区間の鉄道輸送や東南アジアでのクロスボーダートラック輸送といった新たな需要、輸送手段の導入を検討するなど、収益拡大に向けた取り組みを進め、国際物流事業を含む物流業の営業収益を2025年までに2000億円(2017年度891億円)に拡大することを目指す。

■新会社の概要
名称:NNR GLOBAL LOGISTICS FRANCE SAS
本社所在地:ロワシー・アン・フランス
営業開始日:10月9日
資本金:20万ユーロ(約2600万円)
事業内容:航空・海上・陸送貨物の利用運送事業、通関業
出資比率:西日本鉄道100%
従業員数:46名

最新ニュース