京東集団/中国で個人向け宅配開始

2018年10月18日 

中国大手小売業の京東集団は10月18日、北京で開催された2018年グローバル・スマート・サプライチェーン・サミットで、10月18日より個人向け宅配サービス「JD Express(京東宅配)」を開始したと発表した。

京東物流は、自社独自の物流網を中国全土に張り巡らせており、90%以上の注文を同日もしくは翌日に配達し、中国人口の99%をカバーしている。

開始する個人向け宅配サービスでは、京東が持つ物流の強みを最大限に活用し、顧客のニーズに合わせた様々な価格帯とオプションを用意。通常の配送から、異なる都市への即日配送まで、荷物はすべて京東の配達スタッフより配送する。

またオプションに応じて、高速鉄道や空路での荷物配送が可能になる。

集荷依頼はショッピングと同様に京東のアプリを使用。アプリ上で集荷予定を立てると、京東のフルタイムスタッフによって集荷され、離れた場所であっても希望の配達スピードで配送する。

配達をより特別な配達スタイルを希望する場合は、オプションで京東の最高級の専属配送サービス「ホワイトグローブデリバリーサービス」を利用することも可能だ。

集荷依頼は既に複数の方法でユーザートライアルが開始されており、京東のアプリに加え、京東のパートナーであるテンセントが運営する中国最大のソーシャルネットワーク「WeChat」のミニプログラム「京東デリバリー」と京東”デリバリーチーム”のWeChatアカウントでも集荷の依頼ができる。

新サービス開始は京東が「Retail as a Service(サービスとしての小売)」と呼ぶ、京東の技術とインフラを他の荷主・企業・業界に開放するという戦略の新しい一歩であるとしている。

最新ニュース