センコーグループHD/女流プロ棋士招き囲碁フェスティバル

2018年10月18日 

センコーグループホールディングスは10月14日、滋賀県東近江市にあるグループの交通安全研修施設「クレフィール湖東」で「囲碁フェスティバル2018」を開催した。

<左から吉原六段、井澤四段、中島二段、種村二段>

<クラス別対局の様子>
クラス別対局の様子

当日は130名が来場し、ゲストに招いた吉原由香里六段、井澤秋乃四段、中島美絵子二段、種村小百合二段の女流プロ棋士との指導碁とクラス別対局が行われた。

クラス別対局では、参加者の棋力別に4つのクラスを設け、各クラス16名(計64名)によるスイス方式のリーグ戦で熱戦を繰り広げた。

指導碁は女流棋士1名につき一般の参加者4名が対局に挑み、48名がプロ棋士から指導対局を受けるなど、4歳から93歳までの幅広い世代の人々112名が対局を楽しんだ。

指導対局の模様は大型スクリーンにも投影され、プロ棋士が持ち回りで解説するなど、対局者だけでなく見学者もプロ棋士の技と指導を堪能。

囲碁フェスティバルは2006年にクレフィール湖東の開設10周年を記念し、「囲碁の普及を通じて地域文化活動促進を図る」ために開始したもので、今年で12回目の開催となった。

最新ニュース