商船三井/フィリピン人船員へ永年勤続表彰式と家族会

2018年10月17日 

商船三井は10月17日、船員配乗グループ会社のMagsaysay MOL Marine(MMM)が、マニラで10月5日にフィリピン人船員の永年勤続表彰式を、6日にフィリピン人船員とその家族を対象とした船員家族会を開催したと発表した。

<永年勤続表彰式で挨拶する武藤会長>
永年勤続表彰式で挨拶する武藤会長

商船三井からは、武藤 光一会長や小野 晃彦専務、加藤 雅徳常務のほか、グループ船舶管理会社幹部などが出席した。

永年勤続表彰は、15年間にわたって勤務した船員を対象に表彰を行うもので、式典には受賞者とその家族60名が出席した。

武藤会長からは受賞者へ、長きにわたって運航船の安全運航を担う船員自身と、その船員の乗船中、留守を支える家族双方の貢献に感謝を伝えるとともに、8月に開校した「MOL Magsaysay Maritime Academy」の学生へ知識と経験を教える役割も期待しているとのメッセージを伝えた。

受賞者からは、「商船三井の支援を得てスキルを磨き、目標を達成し、夢を実現するための知識を増やしていくことができた。今後も商船三井の安全運航に不可欠な役割を果たしていきたい」と決意が述べられた。

<家族会の様子>
家族会の様子

家族会の様子

また、船員家族会はマニラ市内の複合アミューズメント施設で開催され、船員とその家族3250名が参加した。武藤会長は、船員とその家族に対して安全運航への支援に感謝を示すとともに、海上輸送によって船員が世界中の日常生活をサポートしていることを、参加者に語った。

参加した家族からは、「会社が家族に対しても安心と愛をもたらし、大切にしてくれていることを、毎年の家族会で実感している」との感想を述べた。

最新ニュース