DHL Global Forwarding/FIAレースカー・装備をマルチ・モーダル輸送

2018年10月17日 

DHL Global Forwardingは10月17日、日本で相次いで開催される国際自動車連盟(FIA)主催の世界耐久選手権(WEC)とFIA世界ツーリングカー・カップ(WTCR)に、エンド・ツー・エンドのマルチ・モーダル輸送を提供し、支援すると発表した。

<DHLの支援により、WTCRドライバーらは今シーズン3大陸でレースに参戦>
DHLの支援により、WTCRドライバーらは今シーズン3大陸でレースに参戦

<DHLのサポートを受けて、WTCRレースの準備を整えるTom Coronel>
DHLのサポートを受けて、WTCRレースの準備を整えるTom Coronel

7年目を迎える公式グローバルロジスティクスパートナーとして、DHL Global Forwardingは、レース用の車体、スペアパーツ、装備を、航空、海上、陸上輸送で富士スピードウェイ(WEC開催地)と鈴鹿サーキット(WTCR開催地)まで輸送する。

DHL Global Forwardingは、レースカー36台、スペアパーツ、そして特別タイヤから高性能エンジンブロックに至るありとあらゆる装備品の全輸送から、通関手続き、地上での取り扱いを担い、レースをサポートする。

富士山で開催されるWECレースの開幕を前に、DHLは海上、航空輸送を組み合わせて、英国とドイツから東京港まで貨物を輸送し、その後、陸上輸送でレースサーキットまで車体とその他の装備を輸送する。

WTCRレース開幕前には、前回中国の武漢で開催されたレースから、第2組目の車体が海上貨物直行便で到着する。

FIAの明確な日程に沿って、サーキットからサーキットへと車体を運搬するにあたり、DHL Global Forwardingの迅速な輸送と車両取り扱いでの専門知識が重要な役割を果たす。

DHLのチームは、各レース終了直後72時間以内に、全ての貨物を搭載してサーキットから港へ輸送し、通関手続きを完了する。そして、次回のレースが予定されている上海(WEC開催地)とマカオ(WTCR開催地)に向けて車体を輸送する。

最新ニュース