いすゞ/高速道でトラック隊列走行、後続車有人システムの公道実証参画

2018年10月17日 

いすゞ自動車は10月17日、トラック隊列走行の後続車有人システムの商業化に向けた公道実証を進めてきたが、高速道路でのCACC(協調型車間距離維持支援システム)とLKA(車線維持支援システム)を用いたトラック隊列走行の後続車有人システムの公道実証に参画すると発表した。

走行距離の拡大と高低差やトンネル等の多様な道路環境での技術検証を行うために、11月6日から上信越自動車道で後続車有人システムの実証実験、12月4日から新東名高速道路において、CACCに加えて新たな技術としてLKAを用いた世界初の後続車有人システムの実証実験に引続き参画していく。

最新ニュース