アルフレッサ/ナビタイムと医薬品配送システム開発

2018年10月17日 

アルフレッサとナビタイムジャパン10月17日、アルフレッサの配送専門職であるセールスアシスタント(SA)向けの医薬品配送支援ツールとして、ナビタイムジャパンの「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」をベースとした、「saios」を共同開発し、全てのSA用スマートフォンと管理者用パソコンに展開したと発表した。

<SA用スマートフォン画面>
SA用スマートフォン画面

<管理者用PC画面>
管理者用PC画面

共同開発した「saios」は、スマートフォンをセンサー端末として活用することで、最適な配送ルートが算出できるほか、GPS機能により顧客への納品時刻を自動的に記録し、従来手間がかかっていた納品報告業務を効率化した。

管理者は、パソコンでリアルタイムに配送状況を把握でき、ナビタイムジャパンの渋滞を考慮した経路検索技術により、各得意先への到着予想時刻も把握できるため、安定した運行を実現する。

配送実績からKPI分析用のデータを自動で作成できるようになっており、管理者が各SAに則したマネジメントに活用していく。

今後はこれまでの配送実績を元に AIを活用した自動配車機能、検品業務機能、交通違反分析機能等、「saios」に配送に関わる機能を集約することを検討しており、配送業務の更なる効率化とともに、安心、安全な医薬品配送に一層努めていくとしている。

最新ニュース