パナソニックCNS/物流・工場のロボット・サプライチェーン等でセミナー

2018年10月17日 

パナソニック コネクティッドソリューションズ社(CNS社)は、10月30日~11月2日、「CROSS-VALUE INNOVATION FORUM 2018」開催する。

CNS社は、パナソニックグループ全体のB2Bソリューション事業成長の中核を担う顧客密着型事業体制の構築を狙いに、昨年4月に発足した。

重点事業領域を「航空」「製造」「エンターテインメント」「流通」「物流」「パブリック」に定め、従来の商品軸の事業部体制から重点事業領域に沿った業界軸の事業部体制へと変革を進めている。

今回、CNS社では、「統合フロアマネジメントシステムの概要と電子部品実装フロアの実施事例」「先進のタッチポイントデバイスを核にお客様の課題を解決する現場プロセスの革新」「ロボティクスを活用したリテールサプライチェーンへのご提案」「現場プロセスイノベーションを実現する自動搬送ロボットソリューションの開発」「IoT基盤技術HD-PLCで切開くB2Bネットワークソリューション」「工場やビルが今すぐネットにつながるマルチホップ通信対応HD-PLC」などのセミナーを実施する。

■開催概要
日時:10月30日(火)~11月2日(金)
会場:東京国際フォーラム(有楽町)
入場料:無料(事前登録制)

■詳細・申込み
https://www.panasonic.com/jp/corporate/cns/100th/forum.html

■主なプログラム
<11月1日>
13:45~14:45 会議室:G402
「先進のタッチポイントデバイスを核にお客様の課題を解決する現場プロセスの革新」
先進のタッチポイントデバイスを核にアプリ・サービスを含めた事業創造を行います。具体的には、様々なタッチポイントを活用し、リアル空間のデータ収集と分析を行い、その有効な結果を流通、製造、社会インフラなどのビジネスフロントにフィードバックしながら、新しい顧客体験や生産性向上、安心・安全の実現など、現場プロセスイノベーションをご紹介します。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
イノベーションセンター アクチュエーション事業統括部 
統括部長 前田 崇雅

13:45~14:45 会議室:G510
「工場やビルが今すぐネットにつながるマルチホップ通信対応HD-PLC」
電力線で高速データー通信を実現するパナソニック独自の技術「HD-PLC」。 BtoBにおけるIoT向け通信において、無線通信を補完して工場やビルの通信インフラを容易に構築できると期待されている「HD-PLC」の商品と活用事例をご紹介します。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
ビジネスコミュニケーションBU  事業企画部
主幹 斉藤 武靖

<11月2日>
9:15~10:15 会議室:G402
「ロボティクスを活用したリテールサプライチェーンへのご提案」
製造業向けに永年培ってきた技術・ノウハウを応用した、流通・物流・食品加工のサプライチェーンにおける人手不足/賃金上昇などの社会的課題を解決する自動化ソリューションについてご紹介します。

パナソニック スマートファクトリーソリューションズ
常務取締役 コネクティッドイノベーションストラテジックビジネスユニット長 足立 秀人

10:45~11:45 会議室:G402
「現場プロセスイノベーションを実現する自動搬送ロボットソリューションの開発」
日本を含む世界の物流現場では、ECの普及により物流量が増加する一方で、労働人口の減少による深刻な人手不足や過酷な労働環境から労働災害の増加に陥っており、 IoTやAI、ロボティックス技術の導入による自動化・省人化のニーズが高まっています。パナソニックでは、家電で培った技術をベースに「つくる」「運ぶ」「売る」のサプライチェーン全体でのプロセス革新によりこれらの解決を目指しています。その中で物流現場においていは「運ぶ」機能の自動化を目指し、現場で一般に使われるカゴ台車やパレットを自動把持/搬送できる移動ロボットの開発を行っており、 本セミナーではその開発内容と最新の技術動向についてご紹介します。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
プロセスオートメーション事業部 ソリューション事業開発センター ロボティクス開発部 
部長 松川 善彦

12:15~13:15 会議室:G402
「統合フロアマネジメントシステムの概要と電子部品実装フロアの実施事例 ~スマートファクトリーソリューション~」
労働人口の減少やトレーサビリティの厳格化などの環境要因に加え市場の急変に柔軟に対応したいという経営上の要請は一層高まり、製造現場では労働生産性のさらなる向上が求められています。こうした課題に対して各企業では設計から調達・製造・販売までバリューチェーンをつないで高速回転させようと取り組んでおられると思います。ところが実際の現場では未だに手作業で情報を収集し、生産計画を立てているケースが非常に多く見られます。当社のサイバー&フィジカルシステムをつなぐ考え方と製造現場をスマート化する生産マネジメントソリューションを、多様な電子部品実装フロアへの導入事例を交えながらご紹介します。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
プロセスオートメーション事業部 ビジネスイノベーションセンター ソリューションエンジニアリング総括部 島田 篤人

13:45~14:45 会議室:G402
「IoT基盤技術HD-PLCで切開くB2Bネットワークソリューション」
パナソニックが長年培ってきた高速電力線通信技術「HD-PLC」の技術概要と、当技術が、今後、ビル・工場・プラントなど様々な分野のネットワークの課題解決にどう活用されていくか、また、5G無線技術との連携やサイバーセキュリティ機能の強化など、将来の展望を含めてご紹介致します。更に、第4世代の「HD-PLC」技術として現在策定中のIEEE P1901.3規格のベースライン技術に認定された通称Quatro Coreの技術内容についてもご紹介致します。

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
イノベーションセンター IoTサービス事業統括部 PLC事業推進室
室長 荒巻 道昌

パナソニック コネクティッドソリューションズ社
イノベーションセンター IoTサービス事業統括部 PLC事業推進室 技術開発課 
課長 古賀 久雄

最新ニュース