ヤマト運輸、関越交通/群馬県沼田市から片品村、路線バスで宅急便輸送

2018年10月16日 

ヤマト運輸と関越交通は10月16日、群馬県沼田市と同県利根郡片品村を結ぶ路線バスで宅急便を輸送する「客貨混載」を開始した。

<取り組みの概要図>
取り組みの概要図

<路線図>
路線図

関越交通の路線バスが、ヤマト運輸の沼田支店で午後分の宅急便を預かり、下街道バス停(沼田市利根町)と鎌田バス停(利根郡片品村)でそれぞれの地域を担当するヤマト運輸のセールスドライバー(SD)に引き渡す。

関越交通は宅急便の輸送による新たな収入源が生まれ、ヤマト運輸のSDは午後分の宅急便を支店へ取りに戻る必要が無くなり、ローカル線の路線網維持と物流の効率化による地域住民の生活サービスの向上を図ることができる。

<改造した荷台スペースに荷物を積み込むSD>
改造した荷台スペースに荷物を積み込むSD

「客貨混載」のため、一定量の宅急便を積載できるよう、車両中央部の座席を一部(5席)減らし、荷台スペースを確保した。改造にあたり、2018年度物流分野におけるCO2削減対策促進事業(環境省補助事業)の協力を得ている。

これまで、関越交通の沼田駅~鎌田間のローカル線は地域住民の重要な交通手段であるとともに、収入減により赤字路線であるという課題があった。

一方ヤマト運輸は、群馬県沼田市利根町地区と同県利根郡片品村地区の顧客に宅急便を配達する際、沼田市にある沼田支店(担当:群馬尾瀬センター)
と現地をトラック1台が往復し、午後分の宅急便約20個を支店へ取りに戻る必要があった。

<10月16日の式典>
10月16日の式典

■積載区間
ヤマト運輸 沼田支店
(群馬県沼田市久屋原町466-1)
→関越交通 下街道バス停
(群馬県沼田市利根町高戸谷565番地先)
約10.8㎞

→関越交通 鎌田バス停
(群馬県利根郡片品村大字鎌田4048番地先)
約10.7㎞
計約21.5㎞

最新ニュース